body>
<20090804001718

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書リストはじめました 

H21.5.13付けブログで
『パスファインダー』という記事を書きました。
http://miponblog.blog54.fc2.com/blog-entry-55.html

> 求められた情報を探すお手伝いも大事だけれど、
> こちらから情報発信・アピールすることもすごく大事。
>(中略) その時々のトピックやニュースを基にした
> パスファインダーを作って入口に置いたらいいですよね。

↑と、思いつつ、でも始めるのは大変かも・・・と躊躇していたら、
素敵なライブラリアンとして大活躍されてらっしゃる先輩から

>まずは「ブックリスト」から始めて、徐々に「本」以外の
>情報を付加していく...そんな感じの方が、息が続くと思いますよ。
>それと、最初っから「完成品」を目指すのではなく、
>考えられるだけの「ブックリスト」を乱造して、徐々にそれぞれを
>バージョンアップしていく感じで、何年もかけて“メンテナンスする”
>感覚でつくっていくとよいかと思います。

とコメントを頂き、目の前がパッと開けて俄然やる気に!

仲間や上司の理解も無事に得て、先日から、
『気になる話題を本で読む!』というタイトルの図書リスト作成&配布を
始めました。第1号のテーマは「政権交代」です。

もちろん、なかなかすぐには人気リストとはいきませんが、
お客様に「おっ!面白そう」「気になったから読んでみよう」と、
思っていただけるテーマの図書リストをどんどん作って行きたいです。
そして少しずつバージョンアップを目指したいと思います☆
スポンサーサイト

目標シート 

私の自治体では、人事評価システムの一環として、
各人が年度当初に通常業務以外の業務目標を設定し、
達成度を報告して評価を受ける・・・という制度があります。

今日はその目標シートの内容に対する館長面接でした。私は、
・ 自治体史のデータベースを作りホームページで公開する
・ 話題のテーマに関する図書リストを作ってお客様に配布する
・ 研修を受けデータベースとITをレファレンスに活用する
の3点を業務目標に、

・ 『図書館雑誌』『現代の図書館』『みんなの図書館』を毎号読み、
 今後の図書館のあり方、5年後オープンの新中央図書館の理想像、
 を自分なりに考えてまとめる。
を自らの取組み目標にあげました。

大好きな図書館に配属されて2年目。
忙しいけれど、毎日嬉しくて幸せです。
こんな風に子どもの頃からなりたかった仕事につけるなんて
本当にありがたいなあ・・・よ~し、ますますがんばろう!

都立図書館で司書採用 

少し前のニュースになりますが、
都立図書館では、来年度9年ぶりに司書の採用を行うようですね!

【毎日新聞 ’09.3.7朝刊】
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20090307ddlk13040291000c.html
記事によると
 >短大卒程度が対象の試験区分「2類」で1人程度を募集する
ということなので、相当に狭き門となるでしょうが・・・(汗)

例えば、同じ東京都内でも,
23区の図書館では「司書」という採用区分がありません。
一般事務職の中から、希望してあるいは業務命令として
図書館に配属されるため、人事異動によっては図書館勤務を
希望する人が他の部署に出たり、希望しない人が配属されたり。

そうは言っても人事異動で全くの異業種に就くことは、
仕事としてとても面白いですし、すごく勉強&いい経験になります!
もしも就職直後に配属されたまま図書館だけで長く働いていたら、
もっと視野が狭くなっていたり、仕事に飽きやダレが出たかもしれません。
もちろん、そうならずにエキスパートへ成長される方も多いでしょうが。

でもやはり、図書館で働きたい人にとって専門職採用は魅力です。
都立図書館であれば、一般的に安定した職業といわれている
公務員となるので、そこに魅力を感じる方もいらっしゃるでしょう。
かくいう私も、受験資格があればぜひ受けてみたかったなあ。
9年前は司書を持っていなかったし、持っている今は年齢制限が・・・(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。