body>
<20090804001718

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館が欲しい場所 

私の趣味の1つにスキーがありまして、
先日も3日間、志賀高原へ行って来ました。

往復には新幹線を使ったのですが、
新幹線や特急の中に、図書館(コーナー)が
あったらいいな~と思い浮かび、車内でしばし空想(笑)
旅行ガイド、電車・旅に関する本、写真集、
小説などなど・・・人気出ると思うけどなぁ。
スペースが厳しければ、ワゴンで回ったりとか!?

貸出希望者は駅か車内で利用登録して、
そして返却は、車内、駅、郵送、いずれかで。

持って行った本を読み終わった時、
荷物が重くて本まで持てなかった時、
自分以外がみんな爆睡中の時、
寝るつもりが意外と目が冴えちゃった時・・・など、
本好きな人にはもちろん、
今まで本に興味がなかった人も
読書に目覚めちゃうかもしれません!

無料利用できれば理想的なのですが、
JRも民間企業ですし、キオスクやワゴン販売の
小読が売れなくて困るかもしれないので、
年間登録料として100~200円位取ってもいいいかも。
売り上げとペイできる位、登録されるんじゃないでしょうか?
スポンサーサイト

図書館特集 

WEB上で地図検索できるサイトは色々ありますが
「Map Fan(マップファン)Web」もよく知られていますよね。
http://www.mapfan.com/

そのHP内に、「観光楽地図」というお出かけ特集の
コンテンツがあり、ただいま図書館が特集中です☆
「新時代の図書館特集 ― 図書館はもっとおもしろい」 と題し、
魅力的な10館が紹介されています。
http://www.mapfan.com/kankou/special/library/index.html

図書館仲間にはおなじみの千代田図書館や
都立中央図書館も素敵に紹介されているのですが、
私がいちば~ん興味をもったのは、
その名も 『林の中の小さな図書館』 です!
・・・名前も素敵ですよね♪

大分県の長湯温泉にある「B・B・C長湯」内にあり、
全国でもめずらしい山岳図書館とのことですが、、
何と宿泊施設を併設しているんですって!
http://www.daimarubb.com/

大自然の中、” 窓外の木々を眺めながら読書をしたり、
また宿泊者なら各部屋にある書斎や喫茶室に
本を持ち込んで読んだりすることもできる ” なんていいなあ。

皆様もぜひご覧になってみて下さいませ~。

専門図書館 

先日終了したTRCライブラリー・アカデミーですが、
受講仲間は、私も含め公共図書館の方が多かったです。

でも、学校図書館の方、TRCにお勤めの方、
以前大学図書館にいらっしゃった方・・・など、
なかなかバラエティに富んでいて、
館種の違いに基づくお話を聞くとすごく新鮮でした!

その中には、企業内に設置されている
非公開の専門図書館にお勤めの方もいらっしゃいました。

建設関係の企業とのことで、技術者・研究者が
論文を探しに訪れることが多いそうです。
所蔵資料は建設関係の専門書ばかりだとか。

専門図書館とは、個人的にも仕事上でも、
これまでご縁がなかったのですが、
「専門分野に特化した資料が充実していて、
その分野の資料を求めている時に訪れると便利なところ」

という、ごく一般的なイメージしかありませんでした。

「専門図書館j協議会」 http://www.jsla.or.jp/
のHPを拝見すると、専門図書館同士の交流のほか、
セミナーや出版など色々な活動をされているようですね。
そして会員名簿を見てビックリ!
関東だけでも何とたくさんの専門図書館があることか!
(公開型施設は名簿からリンクできると嬉しいなあ・・・)

・・・いやはや、今までもったいなかった~。
こんなに沢山の専門図書館、もっと連携したいし
ぜひ活用したいです。

そして専門図書館の方からのアピールもウェルカム☆
例えばレファ協のメールマガジンをたまに間借りして、
専門図書館コーナーを作るとか、どうでしょう?

公開型専門図書館ついては、
公共図書館がその取扱内容をちゃんと知っていれば、
積極的にお客様をご紹介できますよね。
資料やデータ自体の情報提供のみならず、
”情報を収集するのに最適な施設の情報提供”
だって、とっても有意義なのでないでしょうか。

非公開型専門図書館も、そこにしか無い情報を
活用させて頂ける方法があると、ありがたいなあ。
有料登録制や紹介状持参制など、制限があっても、
なお貴重な情報が欲しい方はきっといるのではないかと。

そんな訳で、専門図書館については、
これからもう少し勉強してみたいと思っております!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。