body>
<20090804001718

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他いろいろな検索ができるOPAC 

ライブラリーアカデミーの課題1として、
その他いろいろな検索ができるOPACの中から
「想Imagine Book Search」を試用してみました。
 http://imagine.bookmap.info/imagine


◆トップ画面の印象◆
  機能の概要を知らずにたどり着いたら、きっと使えないと思う。
 一見、サイトの紹介ページのようだが、各サイトのバナーに見える
 部分をクリックしても飛べないので、変なページだなと思ってすぐ
 閉じてしまいそうである。
  更に「HELP」が非常に見つけづらく、しかも基本は分かっている
 人向けのごく簡単な内容である。利用対象者を限定しているのだと
 は思うが、でもせっかくこんなすごく面白いサイトなのに勿体無い。
 「初めてお越しの方へ」ボタンを作ってわかりやすく説明する画面が
 展開すればもっと便利なサイトになるだろう。

◆検索機能の印象◆
(1)検索窓に文章を入れた場合
  思い浮かんだ事を何でも文章として投げられるので非常に面白い。
  更に、結構的確に本を紹介してくれることが多い。まったく知らない
 本を色んなジャンルの検索エンジンから紹介、多数の類書を一気に
 検索できて有り難い。
  例えば、「寒いから暖かい鍋が食べたい」という文章では、求めて
 いるイメージ通りの回答であったが、「寒いからトイレが近くて困る」
 という文章では犬や子供の排便しつけの回答が頻出し、面白かった
 もののイメージ通りの本は少なかった。
  入力者に一定のスキルと入力方法の工夫が求められると思う。

(2)検索窓に書名を入れた場合
   『これからホームページをつくる研究者のために』と入力したところ、
 デフォルト設定では見つからなかった。「新刊じんぼう」と「明治大学
 図書館」にチェックを入れると見つかったので、多少、入力者の操作
 スキルが求められるだろう。
   また、『こころ』と入力した場合は、予想通り精神・心理学の本が
 頻出したが、このサイトを使う入力者なら恐らく「こころ_夏目漱石」位
 は入力しそうなので、目的の本はすぐ見つけられるのかも知れない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。