body>
<20090804001718

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショック~ 

この4月から非常勤司書さんの人数が増えたので、
事務室がフレッシュな顔ぶれで賑やかになりました。

が、私と同じ「図書担当」に配属された女性が、
・・・・勤務6日目でお辞めになってしまったのです!
うぇ~ん、ショックー!

本当に突然、かつ決意が固かったので、
相談して貰えれば何とかできたのではないだろうか、と
上司も私達も残念無念でガックリしております。

理由は「仕事が合わない」とのことでしたが、
 ●未経験の新人なのに仕事が複雑&重すぎること
 ●新人指導がシステマティックでなかったこと
というのが、その主な原因のようでした。

図書担当は、選書・受入れ、蔵書計画、難問レファレンス、
などなど司書であればぜひ携わってみたい人気部門です。

彼女は20年勤めた職場を退職後、2つの公立図書館で
奉仕員として働き、奉仕員リーダーまでされていたそうなので、
期待の新人として配属されたのでした。

お聞きすると、以前はカウンターワークが中心だったようですし、
私たちも確かに ド新人の扱いはしていなかったので、
それがいけなかったのかな~、と皆で反省しています。

しかも私は、去年の新人時に同じように鍛えられ、
大変ながらもどんどん覚えられて、やらせて貰えて
すご~く良かったので、よけい鈍感だったのかもなぁ・・・反省。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。