body>
<20090804001718

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勘と愛 

先日、体調を崩して寝ていたところ、
突然実家の母から電話がかかってきました。

「あんた、具合でも悪いんじゃないかと思って・・・」

うひゃ~どうして分かったの?母の勘&愛、恐るべし!
もっともっと親を大事にしよう、と思ったのでした。

こういう勘とか愛って、
接客業&サービス業である図書館員にもすごく大事ですよね。
まあ、愛は「サービス精神」と呼ぶべきでしょうけど。

「何かお探しですか?」
「よろしければ○○しましょうか?」
「ご存知ないこんなサービスがご利用いただけますよ」などなど、
こちらからお客様にご提案するには、
勘とサービス精神が無ければ無理ですもんね~。

もちろん図書館業務を身に付けるのは必須ですけれど、
そこにプラス、勘とサービス精神があれば、
丁寧な接遇、笑顔、お客様に合わせたフレンドリーさ、
不足も過分もないちょうど良いサービス内容、
そんなものも自然に付いてくるのではないかと・・・。

う~む、勘とサービス精神をもっと磨かねば!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。