body>
<20090804001718

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新旧 

先日の「図書特別整理」で
館内も書架も綺麗に整理整頓されました♪

といっても、お客様のご迷惑にならないよう
ギリギリまで休館期間を削っているので、
もう少し時間があればな~という部分もあるのですが。

しかし、そんな事とは次元の違う根本的な問題が!
なぜなら私の勤務館は築37年目・・・。
どんなに綺麗にしようと思っても、如何ともし難い
古さとボロさが隠し切れないのでございます(笑)

だがしかし!いよいよ新中央図書館が建設予定され、
5年後の完成を目指して、今年度から準備が始まりました!
すっごく素敵な図書館になるといいなぁ☆
そして、それに自分も携われたら嬉しいな~。
スポンサーサイト

曝書(ばくしょ)完了! 

図書館における年に1度の棚卸し
「図書特別整理期間」(=曝書)が本日、完了しました。
よかった~。何とか無事に終わって一安心。

私の勤務館は23万冊位の図書を所蔵していますが、
昨年度までは「ポッド」というハンディ端末で
資料添付のバーコードを1つ1つ読み取る方式でした。

書架を掃除&整理しつつ、延々と読み取り作業するのは結構重労働で、
新聞縮刷版や分厚い参考図書のコーナーなんて、もう腕がプルプル(笑)

しか~し! I Cタグが導入された今年度は、
ウチワのような読取機を15cm置き位に本の間に入れ込むだけ!
2~3秒でピッと音がして、周囲の図書データの読み取り完了です。
薄い本やチラシ等は読み取り辛いので、1つずつなぞる手間がありますが、
それでも今までより格段に早いし簡単☆

・・・のはずだったのですが~。
読み取りを相当じっくり確実にやらないと漏れがでてしまうのです。
しかも金属製の書架やブックエンドは電場を阻害してしまうらしく、
金属に触れている部分の本は読み取り要注意なのでした。

実は予めその事は聞いていて、皆で心して掛かったつもり・・・が、
なんと言っても初挑戦。読み取り漏れが多数発生で大騒ぎ!

結局、エラーとなった数千冊を書架から引き抜いて読み込んでまた戻して、
引き抜いて読み込んでまた・・・・ムキー!みたいな事になっちゃたのでした。
なので、今回は肉体的疲労でなく、精神的疲労の多い曝書だったかも(汗)

ただ、例年は約3千冊の行方不明図書が発生していたところ、
今年度は約900冊!と I Cタグの効果が見事実証 されたのです~!
パチパチ☆

昨年9月に曝書を行い、今年2月に I Cタグを導入しての、この結果。
うわー嬉しい!もう大事な資料達の大多数が行方不明にならないのね!
効果を実感して精神的疲労が一気に癒されちゃいました。

図書館システム学習会 

昨日、横浜市立中央図書館で開催された
図書館問題研究会(図問研)神奈川支部 主催の
学習会に飛び入り参加させて頂きました☆

「図書館システム学習会
 ~図書館システムの問題点と今後のデータ管理のありかた」

というテーマで、図書館システム開発会社の方を講師に、
いま実際に図書館でどんなシステムが使われているのか、
その課題は何か、また先進的な取組みとはどんなものか・・・
といったことを、率直に生の声を交えてお聞きできました。

また、神奈川県の図書館員の皆さんと意見交換できたことが
とても楽しく刺激的で、自分にとってすごく有意義な時間だったので、
参加できて本当に嬉しかったです。

今回は、講師にお誘い頂いたのが参加のきっかけでしたが、
講師とのご縁も含め、人と人とのネットワーク、人にめぐり合う機会って
本当に有り難くて貴重なんだな~と、改めて実感しています!

図書特別整理期間 

今日から5/26までの6日間、
図書館を休館して、年に1度の棚卸しをする
「図書特別整理期間」が始まりました。

図書館関係者の皆様にはおなじみの、
いわゆる「曝書」期間です。
(↑この言葉、業界用語って感じですね。笑)

今年はICタグを導入して初めての曝書でして、
在庫確認が大幅に省力化されるはずだったため、
期間を例年よりだいぶ短くとっていたのですが。
・・・あれれ!何だか予想と違ってシステムトラブル続き(汗)

う~~む。
新しい事というのは、大体思いも寄らぬ
困った自体が発生しやすいものではありますが・・・。

明日からうまく不具合がリカバリーされて、
無事に順調に曝書が終わりますように!!

パスファインダー 

パスファインダー(pathfinder)という言葉があります。

直訳すると「先駆者、開拓者」といった意味ですが、
図書館においてパスファインダーという場合は、
「情報を探す手引き・道しるべ」といった意味で使われますね。

先日、ミッフィーかぴばらさんのブログ
『ライブラリアンはBINARYの夢をみるか』 5/11付記事で、
http://miffy-capybara.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-89b2.html

> さて、というわけで、「新型インフルエンザ」に
> 関連した特集を行っている図書館も多いでしょうね。
> パスファインダーや展示、書籍の紹介、
> 連日の報道をまとめたもの、などなど。

と書かれていて、ハッとしつつ反省してしまいました。

求められた情報を探すお手伝いも大事だけれど、
こちらから情報発信・アピールすることもすごく大事。
・・・でも、今までやってなかったな~。

「インフルエンザに関するパスファインダー」
「民主党に関するパスファインダー」
「母の日に関するパスファインダー」などなど、
その時々のトピックやニュースを基にした
パスファインダーを作って入口に置いたらいいですよね。

埋もれていた資料が日の目を見たり、
「気になっていた事が分かって良かった」とか
「手早く知りたい情報に辿りつけて良かった」なんて
思ってくださるお客様がいらっしゃるなら、すごく嬉しい。

そうは言っても、そんな気持ちと並行して
「みんな今の業務だけでも結構忙しいし、
やるとなると大変だし、自分だけではできないし・・・」
なんて後ろ向きな気持ちも頭をかすめるけれど、
そんなこと言ってたらこれからの図書館の存在価値が停滞、
・・・どころか、後退しちゃうかも。

今度ちょっと職場で提案してみようかな。

ブログ 

ブログをはじめて今日で5ヶ月経ちました☆

もともと「TRCライブラリーアカデミー」の
課題の1つとして始めたこのブログ。
それまで自分がブログをやるようになるとは
ま~~ったく思っていなかったのでビックリ!

文章を書くこと自体は苦手じゃないのですが、
他人がからまない事に関しては面倒くさがりなので、
課題がなければ絶対に一生無縁でしたね(笑)

でも、ブログのおかげで自分の考えが纏まったり、
色んな方からご意見や教えを頂いて刺激になったり。
すごく有り難い経験ができました。

そしてたった5ヶ月分でも読み返すと面白い!

ブログという課題を出してくださった、
TRCライブラリー・アカデミー講師の岡本真さん
(ACADEMIC RESOURCE GUIDE [ARG]代表)が,
「自分がかつて思ったことや考えたことを、
後で振り返るのって意外に新鮮で参考になる」ということを
おっしゃっていましたが、まさにそれを実感しています。
【ARG HP】http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/

拙くて、細々としたブログだけど、これからもがんばろう!

お出かけスポット 

GWも明日で終わりますね。
皆様楽しい休日を過ごされましたか♪
それとも私を含め、出勤していた方が多かったでしょうか。

今年は大型連休だったことと、
土日の高速料金が1,000円になった効果が合わさって、
遠出した方も多かったようですね。

でもこの不景気・・・。
出かけた先で遊園地やテーマパークを訪れたり、
体験工房、果物狩り、温泉廻りなどなど、
ちょっと家族で遊ぶとあっという間に大金が飛んでいきます。

そのためか、GW前になると毎年、TVや雑誌で
「お得なお出かけスポット」の特集が目に入りますよね。
私も興味がある話題ですし、人気コンテンツなのではないでしょうか。

そこで、図書館を「お出かけスポット」としてもっとPRしてはどうかな~と!

大人も子供も楽しめて、空調完備、本も雑誌も揃ってる。
場所によっては視聴覚コーナーや飲食コーナーもあったりして。
そして、自分のペースで歩き回ったり、椅子に座ったり・・・。

それに、全国どこに行ってもだいたい図書館があるし、入場制限もまずない。
しかも、何といっても無料!ですよ、すごいすごーい(笑)

全国の図書館が連携して、GWにイベントを行ったり、
お話会・映画会・講演会などを合わせて開催したり、
TVや雑誌に働きかけて取り上げてもらったり、なんてことを続ければ、
いままで図書館に興味の無かったたくさんの方が利用して下さったり、
お出かけ人気スポットになっちゃったりするかも☆

新型インフルエンザ 

新型インフルエンザが各国で広がっていますね。

総務省によると「国家の危機管理上の重要課題」となりました。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000020327.pdf

厚生労働省でも対応策の周知に力を入れているようですが、
特に「新型インフルエンザから身を守る知っておきたい感染予防策」
というアニメは基本知識や対応方法をとてもわかりやすく学べて、
おすすめです!
http://www.youtube.com/watch?v=WNQ7Y9d4D4k&feature=channel_page

私の勤務する自治体でも、日本国内における
新型インフルエンザ発生時の対応策が職員に周知されました。

もし、感染拡大が見られた場合は、
お客様の権利や利益に直接影響を及ぼす部署
(例えば印鑑証明・住民票を出す部署や戸籍担当部署など・・・)
以外は閉鎖するそうです。

ちなみに閉鎖された部署の職員は、
緊急対応要員として他部署へ派遣されることになります。

図書館も閉鎖対象ですので、万一の際は
ご利用希望のお客様にご迷惑をおかけしてしまいますが、
感染拡大の予防が何より大事ですものね。

でもどうか、そのような日が来ませんように!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。