body>
<20090804001718

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館サービス 

tajimayan812さんが先日トラックバックして下さった
「図書館に来る人は利用者かお客様か」(2009.6.19)
http://blogs.yahoo.co.jp/tajimayan812/18591382.html#18591382
という記事を拝見して、私も改めて考えが深まりました。

目指すところは同じでも、人それぞれ考えや表現方法は違います。
ブログで、こうやってお互いが同じテーマに対して意見交換を重ね、
発展させたり考えを熟成させたりできることは本当に面白く、
有意義で素敵なことだな~と実感します。

図書館サービスに対して、図書館員の思いが押し付けであってはいけません。
図書館を利用される方が一番満足される方法でサービス提供することが、
結局は最高の満足を生むんですよね。

ただやっぱり、図書館員側に図書館サービスの理想像と
それを目指す思いが無ければ、実現が難しいのではないか・・・とも思います。

そして、それを図書館員みんなで追求していく部分では、
委託スタッフか職員かに違いがあって欲しくありません。
もしも、違いを主張するような職員がいたならば、
その方にはサービス業に関する資質がちょっと足りないような(汗)

もちろん「性差」があるように「職務差」は当然あると思いますし、
一定の給料と待遇と権限を与えられているからには、
その分の職責を委託スタッフ以上に果たして当り前だと思います。
・・・というか、果たさなければ逆におかしいのではないかと。

まだまだ至らない部分も多いとは思いますが、
こうして自分なりに、より良い図書館サービスとはどうあるべきかを
日々考えることが、サービス向上とお客様の満足につながるといいな、
と思っています。
スポンサーサイト

バーコードラベル型 I Cタグ 

今年2月に導入したICタグの後日談です。

導入当初は3cm×5cm位の白いタグを、
表紙(or裏表紙)見返しの、ノド寄り下部に貼っていました。
でも、コーティングやカバー等はしていなかったので、
何と I Cタグを剥がして資料を持ち去るケースが何件も発生(涙)

そこで、6月からは、バーコードラベルと I Cタグを一体化しました!
つまり、 I Cタグ自体にバーコードと図書館名を印刷して、
今までのバーコードラベル位置に貼り、ブッカーを掛けちゃうのです。
もちろん剥がそうにもまず簡単には剥がせません。
お陰で新タイプのタグ剥がし被害は今のところゼロとなっています♪

きっとこれで大事な資料達の不明率がますます下がるかも。
嬉しいな☆

利用者 

図書館に来館する方って
図書館員側からは「利用者」って呼ばれますよね。
みなさんは何と呼んでいらっしゃいますか?

私は対内部でも対外部でも「お客様」とお呼びしています。
利用者って呼び名は、客観的なデータとしての話をする時は
なじむんだけど、主観的にはいまいちしっくり来ません。
利用者と呼ぶ方にそんなつもりはないと重々承知ながらも、
なんだか上から目線な呼び方に感じちゃって・・・。
せめて「利用者の皆さん」とか「利用者の方」と言ってはどうかと。

その一方でちょっと自分は考えすぎで穿ちすぎかと反省したり、
お客様って呼ばれると逆に変な感じがする方もいるかな、と思ったり。

私は、図書館を含め、役所は基本的に接客業&サービス業だと
思っているので、お越しになる方は全てお客様だと考えています。
だから、ご満足頂けるだけの接客とサービスを提供して、
「サービスを受けて良かった」と感じて頂きたいし、
極端に言えば「税金を払った分のサービスが戻ってきた」と
思って頂ける位になりたいです。

とにかく良いサービスをご提供しようと心を込めると、
お客様から「ありがとう」という言葉を頂ける機会が増えるので、
すっごく嬉しくて、働く元気とやる気が出ます。
私って接客業&サービス業が好きなんだなあ・・・と日々実感(笑)

スキーバカ 

私は多趣味な方なのですが、
スポーツ関係だと断トツ 「スキー」 が大好きです。

普通、スキーシーズンといえば12月中旬に初滑りし
シーズン終了は3月後半の春スキーで・・・という感じですが、
おバカ さんは違います(笑)

5月末までは新潟県のかぐらや長野県の志賀高原、
そして6月になると山形県の月山や長野県の乗鞍岳へ
繰り出すのでございます!!
【かぐらスキー場】
http://www.princehotels.co.jp/ski/kagura/area-guide/kagura.html
【志賀高原】
http://www.shigakogen-ski.com/spring.htm
【月山】
http://www.gassan-info.com/modules/smartsection/item.php?itemid=1
【乗鞍岳】
http://www.norikura.gr.jp/contents1+index.id+2.htm

私もその1人なので、総勢18人のバカ仲間と(笑)
金曜の深夜に出発し、土日で月山へスキーしに行ってきました。
お天気はちょっと残念な感じでしたが、やっぱりスキーは楽しい!
でも残念ながら、これで今シーズンは終了です。

これから梅雨→本格的な夏を迎えるというこの時期に、
早く雪が降らないかな~~!と真剣に願う私なのでした・・・。

目標シート 

私の自治体では、人事評価システムの一環として、
各人が年度当初に通常業務以外の業務目標を設定し、
達成度を報告して評価を受ける・・・という制度があります。

今日はその目標シートの内容に対する館長面接でした。私は、
・ 自治体史のデータベースを作りホームページで公開する
・ 話題のテーマに関する図書リストを作ってお客様に配布する
・ 研修を受けデータベースとITをレファレンスに活用する
の3点を業務目標に、

・ 『図書館雑誌』『現代の図書館』『みんなの図書館』を毎号読み、
 今後の図書館のあり方、5年後オープンの新中央図書館の理想像、
 を自分なりに考えてまとめる。
を自らの取組み目標にあげました。

大好きな図書館に配属されて2年目。
忙しいけれど、毎日嬉しくて幸せです。
こんな風に子どもの頃からなりたかった仕事につけるなんて
本当にありがたいなあ・・・よ~し、ますますがんばろう!

夜の都心で『へぇ~』探し 

6月3日付け東京新聞の夕刊記事に
千代田図書館主催のイベントが取り上げられていました。

「夜の都心で『へぇ~』探し 案内付きで建物、美術巡り」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009060302000251.html

>千代田図書館が五月下旬に初開催した、この「神保町ナイトツアー」は、
>申し込み開始から十五分で定員(十人)に達する人気ぶりだった。
>参加者はコンシェルジュに導かれ、午後七時から十一時まで神保町周辺の
>約一キロを夕食などをはさみながら観光。昭和初期の建物や古書店街の
>歴史について解説を受けた。

ですって。おもしろそ~う!
やっぱり企画力・発信力がが大事だと痛感しちゃいました。
自分の自治体の魅力は何か、それをお客様にどうアピールするか、
分析して活用するのって、基本なようでやってないかも。

じゃあウチの図書館も夜の○○○町ツアーを企画しようかしら
・・・って、私の自治体の中心地は全国有数の大歓楽街なので、
ちょっと真似するには微妙な気もしますが(笑)

ちなみに、上記の記事によると、
>千代田図書館は、人気の高さから今後も、区内で夜のツアーを
>企画する予定。夜の丸の内建築散歩は十日にもあり、実行委員会
>=電03(3292)3626=で参加者を募集中。
だそうです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。