body>
<20090804001718

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OPACと読書案内サービスとの連携 

少し前の記事になってしまいますが、今読んだので・・・。

カレントアウェアネスポータルーEの2009.6.24付記事で、
米国の『OPACと読書案内サービスとの連携』が紹介されていました。
http://current.ndl.go.jp/e937

>2009年5月26日,同社は図書館のOPACと連携して,検索結果に表示される
>書籍と関連する書籍情報をNoveListデータベースから抽出・表示する新サービス
>“NoveList Select”の開始を発表した。

ですって!

>NoveList Selectは,このNoveList/NoveList Plusデータベースをもとに,
>OPACの検索結果に,関連する書籍情報や,おすすめのブックリストなどへの
>リンクを追加して表示するものである。
>利用者がOPACを検索すると,検索した書籍と類似し,かつ,書架にあり
>利用できる書籍が表示される。これにより,検索した書籍が貸出中だった
>場合に予約待ちを強いたり,他の書籍提供サービス(オンライン書店等)に
>流れたりすることを防ぐ,といった効果が期待できるという。

お~!それはいいかも、便利かも!
amazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」欄って、
押し付けがましくなく、自分の興味のあるときだけ参考にできるし、
でも、結構参考になって便利なので、図書館版もあったら嬉しいです。

それでもって、このコンテンツを含め、将来的に自分のOPACページに、
どんな内容・コンテンツを表示したいかカスタマイズできるともっと嬉しいなあ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。