body>
<20090804001718

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工夫あるOPAC! 

ライブラリーアカデミー講師、
岡本さんのブログを読みました。
http://d.hatena.ne.jp/arg/20090104/1231074244

ここでは「工夫あるOPAC」として、
様々な大学図書館・公共図書館のOPACが
紹介されています。

書映、読者コメントの表示は図書を選ぶ際の
一助になりますね。
青空文庫へのリンクも利用者にはありがたいです。

公立図書館ながら、anazonアフィリエイトを導入した
日進市立図書館の英断にはビックリでした。
もちろん公立図書館にとってお客様の利便性向上は
重要な目標ですが、よくOK出たな~と思います。

創価大学中央図書館は、画面の見辛さが難点ですが、
書映表示と目次へのリンクはとても便利ですね。
でもそれより何より、OPACの図書詳細画面上から、
自宅配本サービスが申込めるのに驚きました!!
宅急便で帰省先に本が届くなんて何と便利な。

わが某公立図書館も5年後に控えた
新中央図書館オープンに向けて、どんなOPACを
構築していくか、すごく考えさせられるブログでした。

この記事へのコメント

私も創価大学図書館の配本サービスにはびっくりしました。考えてみたら、長期休みで帰省してしまうと課題のための図書を借りることもできなくなってしまうんですよね。ちょっとお値段がつらいところですが、便利なサービスだと思いました。

ほんとですよね

書店やamazonでは手に入らない本が、
図書館から宅急便で、指定場所に届くなんて、
すごく魅力的ですよねー!
確かにお値段が難しいところですが(特に学生は。笑)

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miponblog.blog54.fc2.com/tb.php/10-7f1fb2af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。