body>
<20090804001718

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

係の名称 

新年度が始まりましたが、
年度末・年度始めはバタバタするので、
どの図書館の方も大わらわでしょうか。

私の勤務する自治体では、
今年度から一部の図書館に指定管理者制度が導入され、
その一環として組織改正がありました。

自分が所属していた係は2つに分かれ、
それぞれ新名称になったのですが、まだ慣れず、
うっかり旧称が出ることも多いです(汗)

ちなみに昨年度までは「奉仕係」という係名でした。
サービス業だから、確かに仕事内容はその通りなんだけど、
これって、ちょっと不思議な響きの名称ですよね~。
検索すると今も全国各地の図書館で使われているようですが・・・。

TRCライブラリーアカデミー(ビジネス支援)の打ち上げでは、
ゲストの方に、「奉仕係って名前がすごくいいですね!
 ○○図書館を訪ねた時にはぜひ奉仕してください(笑)」と、
非常に面白がって頂き、嬉しいながらもちょっと照れました。

役所の組織名称って、分かりづらかったり、
変に長かったり、言いづらかったりする場合も多いですが、
お客様にとって分かりやすく納得のいく名称が一番だと思います。

そういった意味で、今年度からは
「資料係」「利用者サービス係」という、分かりやすい名称になって
良かったのですが、まぁごくフツーの面白くない名称という意味では、
ちょっと残念な気がしないでもありません(笑)

この記事へのコメント

こんにちは。新しい係の名称、とても分かりやすくていいですね。明快な感じがします。私の今の職場も似たような名称です。やっぱり主に資料を扱う係と主にお客さんと関わる係とに分かれることが多いみたいですね。

名称

やっぱり、役所でも民間会社でも
お客様が耳で聞いたときに
何をしている部署でどんな名称なのかが
すぐ分かるような名称だといいですよね~v-63

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miponblog.blog54.fc2.com/tb.php/42-7969a21e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。